加齢臭の予防と対策最新の記事

加齢臭の原因


ドクターと共同開発!腋臭(わきが)臭にお悩みの方、加齢臭対策や日常的なデオドラントに高リ...

 

加齢臭はノネナールという脂肪酸が原因だと分かっています。

ノネナールはパルミトオレイン酸という脂肪酸が酸化し、分解することで生成されます。若い頃は体内に老廃物も少なく、体臭も余りしないものですが、加齢、つまり老化が始まると40代前後からノネナールが増え、加齢臭が出るようになります。

日本人は魚と野菜が中心の食事によって元々は体の臭いが少ない民族でしたが、食事が西洋化して高タンパク高脂肪のものを多く食べるようになり、徐々に体臭が出やすい体質へと変化しているようです。

また、ノネナールが増える原因にはストレス、タバコ、アルコールからの影響もあります。

体にダメージを与える活性酸素があるとノネナールが増えることが判明しており、健康な生活習慣とストレス解消に加え、坑酸化作用のある食品を食べたりすることで嫌な加齢臭いも少しずつ改善していくでしょう。

加齢臭の臭いはろうそくやブルーチーズに例えられ、体臭とはまったく別の物です。

体臭と加齢臭が混ざると他人を不快にさせる強烈な臭いになる場合もあり、「オヤジ臭い」と陰口を叩かれかねません。

そうならないように臭いを防ぎながら体質改善に努め、臭いの原因を探って対策を講じましょう。

加齢臭の予防と対策について

加齢臭は年を取ると男女に関係なく始まります。しかし、早めに対策を行うことで臭いを気にせず、他人にも迷惑をかけないように出来ますので、加齢臭対策をすぐにでも始めましょう。
カテゴリー
更新履歴
加齢臭の原因(2009年8月17日)
加齢臭予防(2009年8月17日)
加齢臭対策(2009年8月17日)
加齢臭治療について(2009年8月17日)